人気俳優も冷や汗のプロポーズ

よりよい人気の婚約指輪を選ぶために

ハリウッドでも人気の婚約指輪を準備してサプライズで行うプロポーズ、計画通りにうまくいくとは限らないのがツライところ

よりよい人気の婚約指輪を選ぶためにmain画像

人気俳優も冷や汗のプロポーズ

誕生日やクリスマス、バレンタインデーにサプライズで結婚を申込み、その時に指輪を渡すというのは、映画やドラマの中では人気のあるエピソードのようですが、実行に移そうとなるといろいろと下準備が必要になります。

まず、指輪にはサイズがあり、大きすぎても小さすぎても興ざめになります。

彼女のリングサイズを正確に把握し、さらにリングの趣味を正確に知っていないと、せっかくのプロポーズも台無しになってしまいます。

仕込みに時間をかけて準備をしても、成功するとは限らないのが怖いですよね。

人気俳優ジョージ・クルーニーが有名弁護士アマル夫人にプロポーズした時のエピソードがあります。

日頃料理などしないのですが、あらかじめロマンチックなキャンドルディナーを準備し、音楽を厳選してBGMを流してアマルさんを招待したジョージ・クルーニー。

ロンドンから戻ったばかりのアマルさんは、夕飯はデリバリーを頼もうというのを説得して、ディナーテーブルへと連れて行きます。

夕飯を作ってもらったのでと、アマルさんは食器を洗いに行ってしまい、なかなかプロポーズのタイミングがつかめません。

準備しておいたRosemary Clooney の名曲"Why Shouldn't I"が流れてしまいます。

食器洗いから戻ったアマルさんに、ろうそくに火をつけたいから箱の中からライターを取ってくれる?と言います。

箱にはあらかじめ準備しておいた婚約指輪をセットしてあります。

ところがアマルさんはその指輪を見つけるやいなや「こんなところに指輪がある!」と怒ってしまいます。

誰かが忘れていったんだろうと険悪なムードになってしまったというのです。

半年かけて計画したプロポーズのためのディナーが、あまりにもうまくいかなかったので、あのジョージ・クルーニーも冷や汗ものだったとか。

その後結婚してほしいとプロポーズしたら、はじめてアマルさんにも事情がわかったという流れになります。

ジョージ・クルーニーですらうまくいかない婚約指輪を準備してのプロポーズ、普通の人ならもっと難しそうな気もします。

今の日本の場合につてはこちら=≫【http://www.zaikei.co.jp/article/20160204/291802.html

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント